オフィスレイアウトデザインを決める方法

subpage01

オフィスを移転する、組織を変えるなどオフィスレイアウトを決める場合はまずプランニングと行ってからデザインを決めるという流れになります。

通常であれば机の配置から決めてしまうことが多いのですが、実はオフィスの移転や組織の変更といった場合には何を目的とするのかコンセプトを決めておく必要があります。

オリジナリティに富むオフィスレイアウトの費用の情報を探すならこちらです。

移転や変更のスケジュール、そして費用など決めてその上でオフィスのあり方をプランニングする流れになります。

そしてオフィスレイアウトのデザインを決めることになりますが、オフィスの中で何をする場所か空間とそれぞれ空間をつなぐ動線を考えることから始まります。大きくエントランス部分と仕事を行うデスク部分、打ち合わせを行う会議室、コンピューターなどシステム室、リフレッシュスペースといった空間を作る必要があります。エントランス部分のデザインは会社のイメージにもなります。来客者は気持ちよく明るい雰囲気で好印象を与えるようにすることが大切です。

オフィスレイアウトで最近注目されているのはフリーアドレスというもので、固定席をなくして空いている席に自由に座るという方法であう。スペースを効率的に使用することができるということと、コミュニケーションが活性化されるといったメリットがあります。

OKWave情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

またチーム力を求められている組織ではやはり対向式のデスクにする方法が一般的です。

コミュニケーションを取りやすいということと作業しやすいということがあります。

そしてオフィスレイアウトを考える上で大切なことは気分を入れ替えることができるリフレッシュスペースを確保しておくことです。